情報セキュリティ

テクノプロ・グループでは社内における様々な情報の管理を、事例検討、グループミーティングといった多面的な教育を通じて徹底し、あらゆる情報が貴重な資産であるという意識を社員一人ひとりが持つように組織を構築しています。
お客様社内で定める情報セキュリティルールを遵守するよう教育を徹底し、また当グループ各拠点においては業務上の機密事項や個人情報を保護するために、詳細にわたる運用ルールにより情報漏洩防止対策を進めています。

情報セキュリティポリシー

テクノプロ・グループでは、お客様や従業員からの信頼に応える組織たるべく、ここに情報セキュリティポリシーを定め、これを遵守することを宣言いたします。

1.目的

テクノプロ・グループは、情報資産の適切な管理を重要な経営課題として認識し、グループ全体の情報セキュリティ水準を組織的かつ継続的に向上させていくことを目的として、情報セキュリティポリシーを定めます。

2.情報セキュリティ体制

情報セキュリティリスクを客観的、体系的に把握し、組織的な情報セキュリティ体制を実現するため、定期的に開催されるCSR委員会において、テクノプロ・グループ全体の情報セキュリティの管理状況を把握し、対策を実施することにより、情報資産の適切な、実効性のある管理に取り組みます。

3.法令遵守

テクノプロ・グループのすべての役員、従業員(パート、アルバイト、派遣を含む)及び協力会社社員は、情報セキュリティに関連する法令、その他の規範、及び本ポリシーをはじめとする社内規程を遵守します。

4.教育の実施

テクノプロ・グループのすべての役員、従業員(パート、アルバイト、派遣を含む)及び協力会社社員が、情報セキュリティリテラシーをもって業務を遂行するよう、定期的または必要に応じた教育・訓練を継続的に実施します。

5.対策の実施と継続的改善

テクノプロ・グループは、業務の遂行において本ポリシーが遵守され、有効に機能させるため、定期又は重大な変化が発生した場合に監査を実施します。また、本ポリシーをはじめとする社内規程類を継続的に見直すことにより、情報セキュリティ対応の継続的改善に努めます。

平成26年7月1日 制定
平成27年5月1日 改訂