本当に未経験なの?」と現場で驚かれることも。

知識と、技術と、働くイメージを
掴むための研修へ。

職人とのスムーズなコミュニケーションが図れるようになることを大前提として、建築知識、建築図面の読み方、測量機器の据え方、測量方法など、施工管理の基礎を身に付けるための研修。
約1ヵ月の濃密なカリキュラムを受講することで、安心して業務をスタートすることができます。

東京技術センター専任講師及川 雅史

INTERVIEW

東京技術センター専任講師及川 雅史

自身の豊富な施工管理経験を活かし、講師として新人研修を担当。
東京技術センター開講の立役者でもある。

CURRICULUM建築施工管理基礎研修

全体の流れ

施工管理基礎研修
(15 日間)

建築概論 × 8 単位
建築構造 × 8 単位
施工管理 × 23 単位
土木概論 × 2 単位
測量 × 12 単位
建築図面 × 22 単位

入社導入研修(1 日間)

ビジネスマナー、
コンプライアンスなど

設備研修(3 日間)
※東京技術センターのみ

設備総合 × 1 単位
電気設備 × 8 単位
機械設備 × 6 単位

修了試験(1 日間)

修了テスト

テスト結果(各テスト 90 点 以上)と研修受講時の取組姿勢を総合的に判断し、合否を判定。
合格者のみ現場着任へ向けての準備を開始します。

入社導入研修

・ビジネスマナー(名刺交換、
 電話応対、ビジネス文書)
・コンプライアンス
・リスクマネジメント
・ハラスメント
・安全衛生
・からだの健康
・メンタルヘルス(セルフケア)
・労務管理
・情報セキュリティ
・派遣法
 他