教科書を開いた時の見慣れない言葉たち。
聞き覚えの無い用語が飛び交う。
新しいコトを学ぶことにワクワクした小さな頃を思い出す。
「建設って何?」という基礎の基礎から始まる研修は、
さながら学校のようだった。

約1ヵ月間の座学+実習を通じて、建築施工管理のプロジェクトマネージャー
として安心してスタートできる知識とスキルを身に付けることが可能です。

先輩インタビューSさん

内装職人やトラック運転手を経験。子どもの頃からモノづくりに憧れて転職。

ひとことで言うと「濃かった」ですかね(笑)。専門的な知識を身に付けるだけではなく、いざ現場に出たときに覚えていないと困りそうなことを、たくさん教えてくれました。職人さんや工事関係者とのコミュニケーションの取り方、心構えやマナーなども身に付いたと思います。現場に出ることに不安は無いといったらウソになりますが、研修のおかげで気持ちが軽くなりました。

頭をつかう時間がとても多かったですね。講師は一つの問題に対して考え方は教えてくれるのですが、答えは自分で考えることが基本でした。だから、暗記するのではなく原理から覚えることができました。「なるほど!」と腹に落ちたことは忘れないと思いますね。

先輩インタビュー Nさん

前職は飲食業で接客のアルバイト。
建物に興味があり色々な人と関われる仕事を希望して転職。

業界の経験が全くない私でも、とてもわかりやすかった研修でした。講師の方々は、施工管理の自分の経験を元にして面白い話をしてくれました。正直、覚えることは多くて家に帰ってからの復習も大変でしたが、それ以上に毎日が楽しかったですね!研修を通じて働くイメージが沸きました。

同期入社のメンバーと友達のような繋がりができたことですね。業界も仕事も未経験で入社したので、同じ未経験の人がたくさんいるのは心強いです。約1ヶ月シーンとした中で研修を受けると思っていましたが、研修初日から全然そんな環境じゃなかったですね(笑)。

応募フォームはコチラ